OAG – Deutsche Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens (Tokyo)

Montag, 8. September 2008, 18:30-20:00 UhrLeben und Werk des Siebold-Vorgängers Thunberg

Sprecher: Yasuo Katsuragawa, Botaniker und Nachkomme des Arztes und Siebold-Schülers Hoshū Katsuragawa


Carl Pieter Thunberg (1743-1823)は1770年代、オランダ長崎商館に勤務したスウェーデンの医師であるとともにリンネの教えを受けた植物学者として「フローラ・ヤポニカ」、「江戸参府随行記」などを残しています。
桂川先生は、江戸幕府の奥医師で代々蘭学者を出し、「蘭学の元締」といわれた家系に属し、野生植物の専門家です。先祖の桂川甫賢(1779-1845)はシーボルトの友人、桂川甫周 (1826-81)は曽祖父甫策の兄でシーボルトの教えを受けています。
冒頭の15分、ドイツ大使館文化担当参事官バルバラ・永野さんが2011年までの「ドイツ大使館の文化政策とシーボルト・プロジェクト」について話します。